フリーランスに夢見てる

フリーランスに夢を見てる人間の日記ブログです。

小売業の労働問題

こんにちは、ヒロアキです。

twitterでも書きましたが、今週は六連勤です。今日は、その三日目です。

六連勤自体はそこまで嫌なものではないのですが(六連勤の後は三連休ですし)、今月からサービス残業が増えてきました。

理由は色々ありますが、入社二年目になり後輩が出来た事と、店長が新しく異動してきた人でお店に慣れていない事が原因です。

 

昨今、残業を敵視する向きがありますが、私はそこまで残業したくないということはありません。お金が貰えるならば。

まあ確かに、小売業でない会社では、お金目当てに残業をする人も中には居て、そういう人が日本の労働生産性を下げているんだと思います。

しかし、私たち小売業はあらかじめ人件費が決められており、その中でシフトを組んで店舗運営をおこなわなければいけません。

そうなると、必然的に残業すると後日のシフトが削られ、給料が増える訳でもなく、削られた分だけ人がいなくなるので運営が厳しくなります。

 

ここまで書くと、「残業するやつが無能なのでは」という意見もあると思いますが、小売業は基本的にぎりぎりの人数で店舗運営をしなければいけません。

なので、突発的な事態(パートさんの体調不良や新人教育など)を対処するには、残業するしかないのです。

そして、そのために残業をするとシフトが削られてしまう……となると、サービス残業をする方が店舗運営的にはベストなんです。

 

以上いつもより長い記事になりましたが、言いたいことをまとめると、「小売業はサービス残業が前提になっている」ということです。

私がフリーランスを目指しているのも、いつかこんな業界を抜け出したいと思っていたからでした。

いつの日か、ブログやクラウドソーシング、株式投資の収入だけで生きていけるよう、今日も頑張っていきます。